第二回 日本ラテンオープン選手権

本大会は日本での本格的な国際競技会の開催を目指した大会で、国際大会に準ずる審査基準を採用したサルサダンスの競技会です。 第二回目も感染症の拡大防止対策としてオンラインで行われます。

国内での国際大会の開催によって、国内外で認められるダンスキャリアの獲得が、低負担で可能となります。

より多くの皆さんの技術・モチベーションの向上に繋げるため、公平な審査・運営を致します。

 

For the first time since its inception, the Japan Latin Open will be hosting the 2021 competition exclusively Online. Our goal is to provide a thorough and safe competition in light of the current global pandemic. Together we will overcome this obstacle and together we will be triumphant. 

ジャッジ

Judges

Anya Katsevman

Eric Caty

Lucia Jimenez


Mika Takenaga

Yoko Iwata

MariYOGO



 

申し込みの流れ

 

申し込み・ビデオ提出 締め切り日

Registration / Video submission

2021年12月13日(月)

お申し込み受付は11月10日(水)にスタートします。事務局からの申し込み完了報告をもって受付完了となります。

①ページ下部の登録フォームから、必要な情報を送信してください。複数人分をまとめて支払う場合は、登録フォームに全員分の氏名、参加部門を記載願います。
銀行振り込みにて登録料及び部門参加料の合計をお支払い後、お支払い明細のスクリーンショットなどとビデオをお送りください。

参加料金の支払いは、申し込みと同時にお願いします。いかなる理由においても、入金後の返金は致しかねます。ビデオの送付はメール添付またはファイル転送サービスでお願いします。

 

【重要】コロナ禍の中のエントリーに関する特例措置

(1)ペア・デュオ部門において、同じ部門に、異なる複数のパートナーと出場することを認めます。

(2)同じカテゴリー内において、同じ作品で異なる出場者((1)の場合を含む)が出場することを認めます。

※ただし、同一の競技者の同一作品を、異なるカテゴリーへエントリーすることは認めません。

 

All competitors must register and submit videos by December 13th, 2021 (UTC+9)

Payments must be made at the time of registration. Fees are non-refundable.

Videos must be sent via email or file transfer services to: japanlatinopen@japan-salsa.com

【Note】Special rules under the pandemics

(1) It is permitted to register multiple times with 2 or more different partners in the same division with the same routines.

(2) It is permitted to register with the same routine as other competitors.

※It is not permitted to register with the same routine more than two categories.

 

募集カテゴリー・募集部門

Salsa Categories / divisions

<募集カテゴリー>

サルサ

 

<募集部門>

・ソロ18歳未満部門
・ソロ部門
・ソロ40歳以上部門
・チームシャイン部門
・ペア部門
・プロアマ・デュオ部門
・プロアマ・ペア部門

 

・Solo Under 18 division
・Solo division
・Solo Over 40 division
・Team Shine division
・Partnerwork division
・Pro-Am shine division
・Pro-Am Partnerwork division

 

 

出場料金

Fees

出場料金は下記①と②の合計額となります。

 

① 登録料金(参加部門数に関わらず1人一度の支払いとなります)

  3,000円/人(18歳未満:1,500円/人)

 

② 部門別参加料金(カッコ内18歳未満料金)

  ・ソロ部門:2,000円/人(1,000円/人)

  ・ペア部門:4,000円/ペア(2,000円/ペア)

  ・チームシャイン部門:2,000円/人(1,000円/人)× 人数

  ・プロアマ部門:2,000円/ペア(1,000円/ペア)

   ※プロアマ出場のプロの方は登録料金は必要ありません。

 

All competitors are required to purchased a one-time event pass: 3,000 JPY ≒ 30USD /person (Under18 :1,500 JPY ≒ 15USD /person), Plus each category/division That competitors wish to participate in.

Category / Division Fees:

  ・Solo division 2,000 JPY ≒ 20USD /person (Under18 1,000JPY ≒ 10USD /person)

  ・Partner division 4,000 JPY ≒ 40USD /pair (Under18 2,000JPY ≒ 20USD /pair)

  ・Team Shine DIvision 2,000 JPY ≒ 20USD /person(Under18 1,000JPY ≒ 10USD /person)

  ・Pro-Am division 2,000 JPY ≒ 20USD /pair (Under18 1,000JPY ≒ 10USD /pair)

   ※Pro-dancers will not be charged a Registration fee to participate in the Pro-Am division.

 

 

ルール

Rules

< 使用楽曲  Music >

  1. 使用楽曲はサルサと他ジャンルの曲の混合も可能ですが、曲の 80%以上がサルサであることを原則とします。
  2. 複数の曲を編集する場合、3曲を上限とします。
  3. 曲の時間は、各カテゴリー1分以上3分以内とします。
  4. 曲の始まりや終わりにスクール名などのアナウンスを入れることは不可とします。
  1. Competitors may use edited (mixed) music, but it must contain 80% or more of Salsa rhythms.
  2. Competitors are NOT allowed to combine more than 3 songs per track.
  3. All showcase routines should be no less than 1 minute and no more than 3 minutes long.
  4. Inserting announcements prior to or after the music are not permitted.

< 衣裳規定  Costumes 

  1. 衣裳の着用は絶対ではありませんが、着用を推奨します。
  2. 衣裳は自身のサイズに合う、品格あるものを推奨します。
  3. 小道具の使用は禁止とします。ジャケットを途中で脱ぎ捨てる等の行為は小道具の使用とみなされます。
  4. 演技中に多くの装飾品が落下した場合、減点の対象となります。
  5. 素足、スキンシューズは禁止とします。女性はヒールの着用を推奨します。
  6. ジュニア、キッズはローヒールやジャズシューズを推奨します。
  1. Costumes are NOT required but are highly recommended.
  2. All costumes should be in good taste with all private parts covered by non-transparent material.
  3. The use of props is not permitted. Taking off parts of costumes (including jackets) during showcases would be considered as props.
  4. In the event of accessories coming off during showcases, there will be a deduction from final score.
  5. Bare footed or skin-shoes are not allowed. Heel shoes for females are not required but are highly recommended.
  6. Competitors under the age of 18 are recommended to wear low heeled shoes or jazz shoes.

 < 応募作品について  Video recording - Showcase/Routine 

  1. 新作である必要はありません。 但し、2021年4月1日以降に撮影されたものに限ります。
  2. ディップ・トリックに関しては3回までに制限します。ただしダンサーの足が片足必ず床に着いている状態で行ってく ださい。
  3. 手足が切れることなく全体が映るように、正面から定点アングルでビデオを撮影してください。
  4. 競技前後のカットを除き、ビデオの編集は禁止します。
  5. ペア部門では 50%以上のペアワークを入れてください。
  1. Competitors are not required to create new choreographies, however video submissions must be recorded on April 1st, 2021, or later.
  2. A maximum of 3 tricks/dips are permitted for the showcases. One foot must remain on the floor at all times during tricks.
  3. The camera must be placed in the center of the room, and must capture the entire routine in ONE take. The use of zoom-in, zoom-out, filters, effects, edit, combination of separate clips, and changing speed is absolutely prohibited.
  4. Partnerwork divisions must contain 50% or more of partner work.

 

結果発表

Results annoucements

1組のみのエントリーの部門は参加賞となります。(審査は他のカテゴリー同様、通常通り行います。)

2組のみエントリーの部門は 1位と2位を決定。 3組以上エントリーの部門は 1位、2位、3位を決定。

12月末(予定)に協会HP、SNS、メール等を通じて順位とジャッジシートの公表を行います。

提出されたビデオは当協会 Youtubeにて公表予定です。

 

Final scores and judge sheets will be published on Japan Salsa Association HP, and SNS

Showcase videos will be published on the Association’s YouTube channel.

Competitors that run unopposed will not be ranked, however, will receive a participation award.

 

競技形式

自由曲 決勝のみ

 

審査基準

Criteria

・Timing

 出場部門の楽曲のカウントとステップのタイミングの一貫性が保たれているかを評価します。

・Musicality

 楽曲を理解し、振付を通して身体で音楽を表現できているかを評価します。

・Rythme

 振付を 通して身体でリズムを表現できているかを評価します。

・Fundamental and Technical Execution

 ダンスの基本である身体の使い方、また、技術の達成度を評価します。

・Difficulty and Versatility

 難易度のある技術をこなしているか、また汎用性を評価します。

・Originality and Creativity

 独自性と創造性を評価します。

・Overall presentation

 ショーマンシップなどを含め全体を通しての表現を評価します。

・Characterization( shine categories only)審査対象:ソロのみ

 ムーブメントや表情をうまく使いそれぞれのダンスの特徴を表現できているかを評価します。

・Connection( partner-work categories only) 審査対象:ペアのみ

 ペアワークにおいてリード・アンド・フォローができているかを評価します。

 

 

審 査

国内外からの審査員で構成され、審査員はカテゴリーによって替わります。同点の場合は審査委員長の審査点を加味します。各審査基準に対し審査員は10点を持ち点とします。審査員裁量により各審査項目へ逸脱したと認められる競技者の演技に対し減点方式を取ります。

 

<減点ポイント>

・競技者の演技の流れで起こる各逸脱があった場合。

・競技者が演技を競技者の不都合により明らかな演技が停止した場合。

・ビデオの撮影方法、及び規定違反があった場合。

 

 

振込先

Payee

日本国内から参加される方:銀行振込

東京三菱UFJ銀行 六本木支店

普通口座:0063106

口座名義:トクテイヒエイリ カツドウホウジン ニホンサルサキョウカイ

※振り込みの明細書または画面のスクリーンショットを、添付し送付してください。(詳細はページ下部のお申し込みをご確認ください。)

 

Competitors from out side of japan(海外選手):

Paypal mari.dance.nyc@gmail.com

  

 

ジャッジ

Judges

Anya Katsevman

アニャ・カツフマン(アメリカ ニューヨーク)

ウクライナ生まれ。1993年にアメリカに移住し、兄の影響で10歳から社交ダンスを始める。その後10年に及ぶ社交ダンスキャリアの中で、ラテン部門において国際競技会で20に及ぶタイトルを獲得し、Burn the Floorや、Dancing with The Starsの有名なテレビ番組ツアーに出演。2007年にサルサを踊り始めてからその魅力に引き込まれ、2009年にはパートナーとともにサルサ競技会において2つの世界タイトルを連続で獲得。その後も数々の国内外競技会において入賞。また、El gran Comboや Gilberto Santa Rosaなど、多くのラテンミュージックアーティストとの共演を果たす。

現在は、指導者・振付家・パフォーマーとしての活動のみならず、サルサ競技会の発展への大きな貢献を認められ、各国での競技会審査員として活躍。また、ダンスオーディション番組やブロードウェイを目指すダンサーたちに向け、解剖学や生理学を取り入れた独自のメソッドによるコーチング活動にも尽力している。

 

Anya Katsevman is an award-winning dancer, coach and choreographer to eight 2019 world champions, costume designer, competition judge and advocate for the international Latin dance community who has helped transform the sport over her 25-year career.

Anya believes connection is one of the most important aspects of the human experience, and dance is the best medium to explore how we connect with each other and ourselves. That’s why she’s dedicated her life to learning the art of dance and using her understanding of anatomy, physiology and movement to help her students reach their goals and become champions.

Born in Kiev, Ukraine, Anya’s family immigrated to the United States in 1993 when she was 8 years old and settled in Bensonhurst, Brooklyn. Soon after, she followed in the footsteps of her older brother (now award-winning Latin dancer Eugene Katsevman) and started taking dance lessons. A more than 10-year career as a competitive ballroom dancer followed. Anya won 20 international and world titles and starred in touring shows “Burn the Floor” on Broadway and ABC’s “Dancing with the Stars.”

In 2007, Anya started learning salsa and quickly fell in love with the form. She started competing, and with then partner Luis Aguilar, placed second at the ESPN-televised World Salsa Championships. After that competition, Anya decided to dedicate herself full-time to salsa. The next year, she and Luis won the North American Salsa Championships. In 2009, they won the first of two consecutive World Salsa Championships. She went on to win numerous competitions including the San Francisco International Salsa Congress and New York Salsa Congress, among others.


Eric Caty

エリック・キャティー(カナダ)

 

 


Lucia Jimenez

ルシア・ヒメネス(コスタリカ)

プロフェッショナルダンサー・振り付け家。11つのサルサ、チャチャ、バチャータの世界タイトルを持つ。

ダンシング・ウィズ・スターズのコスタリカ版のキャストや、ミュージカル・シカゴで一躍大人気になり、インスタグラムには約15万人ものフォロワーがいる。

ス・ディーバス・デ・ルシア・ダンスカンパニー、ラテン・スターズ・アカデミー、ラテンブームの創設者でありディレクターを務める。

 

 

Lucía Jiménez Professional dancer and choreographer from Costa Rica

11 times Salsa - Chacha and Bachata world champion

Cast member and winner of TV show: Dancing With the Stars Costa Rica

Cast member of CHICAGO the musical in Costa Rica

Founder and Director of Las Divas de Lucía Dance Company, Latin Stars Academy and Latinboom


Mika Takenaga

武永実花(東京)

8歳から社交ダンスを始め、‘94年から3年連続で史上最年少全日本選手権大会『アマチュアラテンチャンピオン』に輝き、数々のダンスショーやTV・雑誌などに出演、振付指導を行う。

その後、キューバ人ダンスパートナーと出会い、サルサダンサーへ転身、2001年キューバ国立民族舞踊団へ短期留学後、2002年よりダンススタジオカシーノを開校。世界各地でパフォーマンス、ワークショップを行いワールドサルサチャンピオンシップの審査員を務める。 2008年NPO法人 日本サルサ協会を設立。日本のサルサダンスの普及に務めている。

 

Mika started Ballroom dancing when she was 8years old. Mika won the Amature Latin Champion in 1994 and defended that title in 1995 and 1996. After transitioning to salsa dancing, she flew to Cuba and learned at Conjunto Folclorico Nacional. In 2002 she opened Dance studio Casino in Tokyo. She has traveled the world teaching and performing. Mika has served as a judge in the World Salsa Championship. In 2008, she established NPO Japan Salsa Association and is now committed to promoting Salsa Dancing in Japan.


Iwata Yoko 

岩田 陽子(京都)

3歳よりクラシックバレエを始める。 17歳よりボールルームダンスに転向し、多くの競技会にて受賞経験を積み20歳にて西日本ラテンチャンピオンをとる。 1999年、在住する京都にて岩田ラテンダンススタジオ設立する。 パートナーのドミンゴ岩田と共にラテンダンスのルーツをたどるためにキューバに短期留学、東京や大阪にてサルサダンスを習得する。 出産後は自身の経験を生かし、キッズダンスに力を入れる。日本初のキッズサルサチーム「サルサ・ニーニョ」を設立する。 個性を生かす指導で多くのジュニアチャンピオンを輩出している。 幼稚園や各種学校の講師、振り付け師としても現在活躍している。 また大人の女性のチームも多く持ち、女性ならではの華やかでしなやかな作品をつくっている。 Japan Cup2019京都開催にて日本サルサ協会より功労賞を受賞 NPO法人日本サルサ協会認定指導員•エクザミナー•理事 ボールルームダンス教師 コザクラ幼稚園キッズダンス専任講師 京都外国語大学テクニカルスポーツ  ダンス非常勤講師

 


MariYOGO

マリヨゴ(東京)

日本サルサ協会理事。エグザミナー。

世界最高峰と言われたヤムレーダンスカンパニーに2008年から所属。アジア人として初めてインターナショナルのショーメンバーとして活躍した後、2013年には日本代表としてワールドゲームズに出場。2014年からはアレグリアダンスカンパニー(フランス)に移籍し、世界20ヶ国以上でWSやショーを経験。また、テレビショーにも出演するなど活躍の幅を広めた。2018年ワールドサルサソロ優勝

2019年ワールドサルササミットファイナリスト、カナダ大会優勝

2020年ワールドサルササミット3位、リバティダンスコンペティション優勝、スクールオブザイヤー受賞

国内外に多数の生徒チームを育成。自身の経験を活かし、アマチュアの世界チャンピオンや入賞者を毎年輩出中。

 

Mari Yogo is a Japanese Dancer, instructor and Choreographer. Director and examiner of Japan Salsa Association. In 2008 She joined Yamulee Dance Company (New York) and became a first Asian international tour member. In 2014 she joined Alegria Dance Company (France) with whom she toured in more than 20 countries. After coming back to Japan, she started competing and won several competitions. In 2020, she became the first Asian professional salsa dancer who won the prize at World Salsa Summit On2 division. She also dedicates herself to coaching and trains many amateur prizewinners.

 


 

お申し込み

 

【受付期間:11月10日(水)〜12月13日(水)】

 

①お申し込みフォーム

フォームのURLは後日発表

 

②お申し込みメール 
japanlatinopen@japan-salsa.com
お申し込みフォームを送信後以下を添付し、メールを送信してください。

添付2)入金が確認できる明細書もしくは画面のスクリーンショット
添付3)ビデオ(GoogleドライブのURL、またはデータ便等のURL)

①②を送信後、確認メールが事務局より届き次第エントリー完了です。