参加規約・審査基準

*ヒート制にご参加の皆様は こちらの→ヒート制規約 も合わせてご確認ください

 

■ 大会名:第10回 Japan Cup 2018 ・第4回全日本サルサダンス選手権

 Japan Cup 2018 / All Japan Salsa Dance Championship

 

 

 

■開催日:2018922(土)

 

タイムスケジュール ( 随時更新致します)

 

 

10:00 選手受け付け

10:10 エキシビジョン部門 リハーサル

11:00 参加者全員ブリーフィング(楽屋廊下) / ゲストダンサーリハーサル(会場内)

12:00 開場

12:30 開会

12:45 予選・規定審査

13:25 ・ジュニアDSC大阪・ヒートデモ /チャチャ・サンバ 

   (公益社団法人・日本ダンススポーツ連盟加盟 ジュニアクラブ)

   ・結果発表

   ・表彰式

13:45 エキシビジョンパフォーマンス ① (4組予定・まもなく発表) 

14:15 フリーダンスタイム・告知等

14:30 決勝戦開始

16:20 決勝戦終了

16:30 エキシビジョンパフォーマンス ②  (4組予定・まもなく発表) 

17:00 ヒート審査

17:45 ヒート審査終了

18:00 ゲストダンサー パフォーマンス

18:40 フリーダンスタイム

19:30 表彰式

20:00 終了

 

   

  

 

■開催場所ロームシアター京都 B2F ノースホール

      京都市左京区岡崎最勝寺 13

      

 

 

 

主催 特定非営利活動法人日本サルサ協会

 

後援 京都市

 

協力:Salsa Hotline Japan、Dance Studio Casino、銀座ラスリサス、岩田ラテンダンススタジオ、Cafe&Bar Shanti、CAFE RUMBITA、Studio J'aime、

        NPO法人 ティエンポ イベロアメリカーノ

 

 

■ 出場形態:ソロ、ペア(男女あるいは同性)、チーム

 

 

■ 出演時間ソロ、ペア2分以内、チーム3分以内の楽曲

 

■ 出演部門: -全部門でプロ・アマ・ブロアマ複合

 

—ソロ部門—(キッズ・ジュニア・一般・シニア・グランドシニア)

・サルサOn1ソロ(男、女)  (カウントon1で踏まれている。CaliとCubanも含む)

・サルサOn2ソロ(男、女) 

・バチャータソロ(男、女)

・チャチャソロ(男、女)

・ノンジャンル(レゲトン等)ソロ(男、女)

 

 

—ペア部門—キッズ、ジュニア、一般、シニア、グランドシニア)

サルサOn1ペア(男女、セイムジェンダー男、セイムジェンダー女) (カウントon1で踏まれている。CaliとCubanも含む)

・サルサOn2ペア(男女、セイムジェンダー男、セイムジェンダー女)

・バチャータペア(男女、セイムジェンダー男、セイムジェンダー女)

・チャチャペア(男女、セイムジェンダー男、セイムジェンダー女)

・ノンジャンル(レゲトン等)ペア(男女、セイムジェンダー男、セイムジェンダー女)

 

 

—スモールチーム部門—(2組、シャイン5名以下まで)

・サルサOn1スモールチーム  (カウントon1で踏まれている。CaliとCubanも含む)

・サルサOn2スモールチーム

・バチャータスモールチーム

・チャチャスモールチーム

・ルエダスモールチーム

・ノンジャンル(レゲトン等)スモールチーム

・シャイン・スモールチーム(サルサ・バチャータ・チャチャ)

*シャインとは ペアを組まず、一人で踊るスタイルのことを指します

 

 

—チーム部門— (3組、6名以上)

・サルサOn1チーム  (カウントon1で踏まれている。CaliとCubanも含む)

・サルサOn2チーム

・サルサシニアチーム (平均年齢 45歳以上)

・バチャータチーム

・チャチャチーム

・ルエダチーム

・ノンジャンル(レゲトン等)チーム

・シャインチーム(サルサ・バチャータ・チャチャ)

 

 

-ジュニア・キッズ部門—

 

☆ジュニア(中高生)ペア・ソロ

 

☆キッズ(小学生以下)ペア・ソロ

 

—ヒート部門—(年齢区分なし)

 

・サルサ      プロアマヒート/ アマアマヒート / プロプロヒート

 

・バチャータ  プロアマヒート/ アマアマヒート / プロプロヒート

 

・チャチャ :プロアマヒート/ アマアマヒート / プロプロヒート

 

 

*ヒート部門にご参加の方は こちらの ヒート部門規定をご確認ください

 

 

表彰について

 

ソロ、セイムジェンダーは2位まで、ペア・チーム各部門は 3位までを入賞とし賞状とトロフィーを授与します

 

 

競技形式

 

 競技は以下の形式にて行われます

 

 

 

【規定部門】

 サルサペア・ソロ部門とバチャータペア・ソロ部門の参加者(チャチャ・ソロとノンジャンル・ソロも含む)は 複数選手が同時に日本サルサ協会の選曲する課題曲

 

 で、日本サルサ協会の指定する規定ルーティーン(内容については下記の項目を参照)を踊ります。本年度より チャチャソロ部門とノンジャンルソロ部門の参加者の皆様にも、規定部門のご

 参加をお願いしています。本規定部門の結果は決勝戦において30%が反映されます。(決勝戦自由曲の結果は70% 

 

 反映)

 

 

【自由曲部門・予選】

 参加部門の出場組数が7組以上の場合は予選を行います

 

 

【自由曲部門・決勝戦】

 ペアは各部門 5位以上、ソロ/セームジェンダー/チームは各部門3位以上 自由曲のみ踊ります。 決勝戦では予選の点数の持ち越しはありません

 

 

規定ルーティーン

     規定部門では、以下の規定ルーティンを時間内に最低1回、こなさなければならない。決められた規定ルーティンをやらなかった場合、やらなかったルーティン

  1つに対して減点となる。(複数ルーティンをやらなかった場合複数限点となる)。 決められた規定ルーティン以外のステップを行うことは可能だが、審査は決められた規定

    ルー ティンを対象とする   

 

  サルサペア・ソロ規定ルーティン(On1,On2,Cali)

ソロ・ペアダンス出場者

ベーシックステップ / サイドベーシックステップ / バッククロス(クンビア)ステップ / ライトターンレフトターン/ スージーキュー、シミー

 

  サルサペア規定ルーティン(On1,On2,Cali)

上記の「サルサペア・ソロ規定ルーティン」に以下のペアワークを加える

  シングルライトターンシングルレフトターン / クロスボディーリード / クロスボディーリード ウィズ インサイドターンクロスボディーリード ウィズ アウトサイドターン

 

  サルサ Cubanスタイル規定ルーティン

On1,On2,Caliに該当しないCubanスタイルのみを希望の出場者は以下のルーティンで参加も可能

ベーシックステップ(前後)、ベーシックステップ(左右)、カシーノ(バッククロス)、ライトターン、シントゥーラ、パソ・デ・カバレイ①、シミ

 

 

<サルサ規定曲>

No Vale La Pena  / Tito Rodriguez Jr.

https://www.youtube.com/watch?v=UduurW8Csj0

 

 

 

・バチャータソロ・ペア規定ルーティン

 

 インプレイスステップ/サイドステップ/フォワード&バックステップ/サイドター/ クロスステップ

 

    <バチャータ規定曲>

     Desnudos / Daniel Santacrus

 https://www.youtube.com/watch?v=tNw9Rc3GbcE

 

 

*チャチャソロ、ノンジャンルソロ部門の出場者は サルサの規定ルーティンかバチャータの規定ルーティンのどちらかをお選びください 

  規定曲内での両足が床から離れるリフトやディップは安全面から不可といたします

 

 上記規定ルーティン(の一部)は下記のWebサイトで動画で確認できます。

       https://www.japan-salsa.com/salsa-kentei-movie/

 

 

 

使用楽曲

1. 使用楽曲はサルサの他にチャチャチャ、ラテンポップス、レゲトン、ヒップホップなどの混合も可能
ですが、曲の80%以上が部門名の楽曲ジャンルであることが原則となります。(ノンジャンル部門・ヒート部門はここに該当しません)

2. 複数の曲を編集する場合、部門名の楽曲ジャンルを含めて3曲を上限とします。


3. 曲の時間は、ペア・ソロは2分、チームは 3分とします。


4. 楽曲は参加申込みと一緒に 【8/25()】までに、以下のメールアドレスに添付ファイルでお送りください。       

  japancup@japan-salsa.com

 なお、当日はバックアップとして楽曲をCD-Rに入れたのを準備してください。

曲の始まりや終わりにスクール名などのアナウンスを入れることは不可といたします。

 

 

 

■審査

   国内外からの審査員で構成され、5-6名を基本構成とします。同点の場合副ジャッジの審査点を加味します。

 

審査基準

  ソロ部門ではラテン競技会ということもありノンジャンルでの自由曲参加は可能ですが、全員がサルサまたはバチャータの基本は踊れるという前提で課題曲があります。

  ペア、チーム部門では50%以上のペアワークを入れてください。リフト・トリックに関しては回数制限はありませんがペアワークがリフト・トリックよりも少なくならないよう

  にしてください。

 

 

     予選        各部門7組以上の組数のある場合は自由曲審査(振付)があります。結果は決勝戦の出演順として反映されます。    
 

    ソロ/ペア部門課題曲審査(規定ルーティン)があります。結果は決勝戦に30%反映されます。    

 

   決勝戦     自由曲審査(振付)があります。結果は70%反映されます。    
   

■審査項目

 

Timing

出場部門の楽曲のカウントとステップのタイミングの一貫性が保たれているかを評価します。

 

Musicality

楽曲を理解し、振付を通して身体で音楽を表現できているかを評価します。

 

Technique

ダンスの基本である姿勢、体幹の使い方、足や腕の使い方、ターンやスピンなど総合的に技術力を評価します。

 

Execution

振付で決められた動きが正しく実行できたかを評価します

 

Difficulty

難易度のある技術をこなしているかを評価します。

 

Choreography

全体を通してフロアーデザインができているか、楽曲に調和しているかを評価します。

 

Connection

ペアワークにおいてリード・アンド・フォローができているかを評価します。

 

Synchronization

決められた動きがチーム、ペア、シャインにおいてシンクロ(同調)できているかを評価します。(ソロ部門ではこの項目はありません)

 

Showmanship

衣装を含めた踊り手の表現が観客にとどいているかを評価します。

 

 

■ 衣裳規定 

 

男性衣裳

 

・ズボンのサイズは自身の体型にあったものを着用する。(小さすぎてお腹周りの食い込みがないように)

・トップスは自身の体型にフィットするものを選ぶ。腕を上に上げてそのままお腹が見えてしまうトップスはNG.

・ズボンのベルト通しがあるのはOKとするが、振り付けによって、ベルトがあることによって怪我の危険性のあるもの、演目中にボタンに女性の衣装がひかかってしまうような

 ものは減点 となる。

・ズボンの裾には靴の下を通すゴムがあることが望ましい。(靴下や素足が見えることは望ましくない)

・男性が着用する靴下は、短く足首が出るものでなく、ズボンと同色になることが望ましい。

・帽子などを小道具として使用する事は出来無い。

・ジャケット着用の場合は、途中で脱ぎ捨てるなどの行為は小道具にあたり、演目の初めから最後まで着用する。

 

女性衣裳

 

・羽根や装飾品をつけるのはOKだが、演目中に落ちすぎる事の無いようにきちんと接着させる。落ちすぎた場合減点の対象となる。

・網タイツは必ず着用する事。ジュニア、キッズはタイツや靴下を着用する。素足、スキンシュー

 ズはNGとする。 

 ダンスシューズは、足の甲が美しく見えるようにヒールを着用する(太いヒールはNG)ジュニア、キッズに関してはローヒール、ジャズシューズが望ましい(スキンシュー 

 ズはNG

スキンシューズと網タイツ着用に関する規定は、ノンジャンル部門に参加の方は除く

・ボトムスに関しては、T-backは禁止とする。また、演目中に食い込んでしまう場合も減点対象となる。

・ブラジャーのサイズは自身のサイズにあったものを着用する(演目中にずれてきてしまうものは減点対象となる)

 

 

髪型に関して

  ディップやスプレーでしっかり固定する(演目中に乱れてきてしまう、ウィッグ、ヘアアクセサリーが外れるなどは減点対象とする)髪型をまとめる場合は、ヘアピンのみで固

  定する事は崩れやすく、望ましく無い。

 

 

■採点方法

 

各審査基準に対し審査員は 10点を持ち点とします。審査員裁量により各審査基準へ逸脱したと認められる競技者の演技に対し減点方式を取ります。

 

減点ポイント

  競技者の演技の流れで起こる各逸脱があった場合。

  競技者が演技を競技者の不都合により明らかな演技が停止した場合。

   審査員の採点結果は最も高得点を採点した審査員と最も低得点を採点した審査員の採点結果をカット した採点合計を最終得点結果とします。

 

例外事項

主催者側の機械・技術的問題により競技者の演技を妨げた場合は速やかな再演技を可能とする又それには 審査員の過半数以上の賛成を必要とします。

 

 

規定ルーティン 審査ポイン

・タイミング

・姿勢

・足の正しい使い方ができているか

・フレームの維持

・足首の適切な屈伸(床をしっかりとらえているか)

・上半身の正しい動き

 

 

■振り付けについて

 

前年度に日本サルサ協会が主催したコンペティションに出品していない作品。新作である必要はありません。

 

■ステージサイズ

  幅 9M × 奥行 6 

 

 

 リハーサル

自由曲のリハーサル時間は特に設けませんが会場OPEN前に場当たりなどでスージを使うことは可能です。DJからの音を出すことは不可です。尚、場あたりなどのフロア使用開始時間の詳細につきましては、追ってお知らせ致します

 

 

■ 申込締切

 

8月25日()

 

申込書は一人一枚ずつ提出をお願いします  

  

日本サルサ協会 japancup@japan-salsa.com  まで既定の申込用紙に記入の上送信と入金を完了してください。その際に 使用楽曲の提出も一緒にお願いします

 

 

■出演料金

 

下記の1&2を合わせてお支払いいただきます

 

 

1.  出演登録料金

6,000/人 (ジュニア 2,000/人 キッズ 0/)

 

 

2.部門参加料金

 

・ソロ部門 4,000/人 (ジュニア・キッズ 1,500/)

・ペア部門 5,000/ペア  (ジュニア 2,000/ペア  キッズ 1,500/ペア

・チーム部門  15,000/チーム (ジュニア・キッズ 6,000/チーム) / 7名まで) 7名以上1名増えるごとに2,000/

 

・ヒート部門  5,000/人 (ジュニア・キッズ 3,000/)

 

  エキシビジョン/パフォーマンス部門 15,000/チーム(ジュニア・キッズ 6,000/チーム) 7名まで)

 

  エキシビジョン部門は 審査はされないパフォーマンス部門となります。ペアのナンバーでも 参加料は 一演目 一律  15,000円となります

 

 ☆大人:7名以上1名増えるごとに 2,000円 / 人

 

☆ジュニア・キッズ:7名以上1名増えるごとに 500/

 

 

■申し込み方法

 

所定の申込書に必要事項を記載の上     japancup@japan-salsa.com   まで添付にてお送りください。

 

合わせて所定の出演料金を下記口座までお振込みください。

  ご入金の確認をもって申し込み完了となります。

 

 

【銀行名】 三菱東京UFJ銀行

【支店】六本木支店

【口座番号】() 0063106

【口座名】トクテイヒエイリ カツドウホウジン ニホンサルサキョウカイ

 

 

 

 

 

 

©NPO 法人 日本サルサ協会   JAPAN CUP 2018

 

 

【日時】
2017 年 11 月 23 日(金・祝)
13:00~20:00 (予定)


【会場】
Future Seven

東京都港区南青山 6-10-12 フェイス南青山 1F http://future7.jp/


【料金】

全日 前売りチケット:5,000 円(1ドリンク付き)、全日 当日チケット:5,500 円(1ドリンク付き) 
昼の部:前半のみ(13:00-16:30) 3,000 円、
夜の部 : 後半のみ(16:30- 20:00) 3,000 円


【チケット販売先】
・銀座ラスリサス
・Dance Studio Casino
・REIKO
・MISA
・KIMI
・日本サルサ協会 
【当日スケジュール(予定) 】

 もう間もなく発表致します
【チケットお求め方法】
チケット販売先は 
・銀座ラスリサス (http://www.lasrisas.com)    ・Dance Studio Casino (http://www.studio-casino.com ) 
・REIKO/ MISA/ KIMI
よりお求めください
尚、メールにて 日本サルサ協会に 全日前売り通し券(¥5,000) のご予約をされる方は、3日前までに
・御氏名
・枚数
・email アドレス
を Japan Salsa Festival 2018 専用メール festival@japan-salsa.com の方へお申し込み下さい。当日 受付にて 前売り予約完了メールをご提示いただき チケット料金のお支払いと引き換えに、チケットをお受け取りください
(昼の部のチケットと夜の部のチケットは 前売り価格の設定がないので 事前予約はなしでも 当日に受付にて チケットをご購入いただけます 
 
前売りチケット ¥5,000は 前日迄のお申し込みとなります。 どうぞよろしくお願い致します