Japan Cup 2018 Workshop Ticket が いよいよ 販売開始となりました

9/23(日)のワークショップ当日では 一コマ ¥3,800 (回数券は無し)となりますので、事前に 前売りチケットをお求めください。 尚、前日の 9/22(土) Japan Cup 2018当日も 会場の 受け付けにて ワークショップの前売りチケットを販売致します。 

 

また当日券での Balodia 先生のワークショップ枠の受講は不可となります。

 

世界で活躍中の 確かな技術と指導力を持つ講師陣による 盛りだくさんな内容のワークショップを是非 受講してください。また、サルサダンス検定 5級は 事前登録無しで 受検していただけますので、直接 会場にお越しください。

 

【前売りチケット】フルパス: 13,000円、ワークショップ 3コマ: 9,000円、ワークショップ 1コマ: 3,500円

【当日券 チケット】ワークショップ 1コマ 3,800円

 

【前売りチケット販売先】

* Dance Studio Casino (東京)

* 日本サルサ協会 
(チケット代は 事前に振り込みをお願いします。当日に 受講される会場にて、前売りチケットを御受け取りください)

* Japan Cup 2018 当日 ( 会場 受け付けにて販売)

 

■ Rumba 「ルンバ」とはキューバの伝統的な音楽の一つである。
アフリカを起源とするルンバは、サルサなどといった数多くのラテンのリズムや踊りの元となっているといわれ、ラテンアメリカの様々な地域へと広がっていった。2016年にはユネスコ無形文化遺産にも登録される。

踊りは一人、もしくはペアで踊り、踊り手はクラーベのリズムに合わせて踊り出す。ルンバの演奏で用いられる楽器は全て打楽器であり、メインになるのは3つのコンガである。メロディーは歌い手によって歌われる。
ルンバには「ヤンブー」、「コルンビア」、「グアグアンコー」の3つの種類があり、それぞれリズム、踊り方が異なる。

■ Yoruba 「ヨルバ」とは
アフロキューバンの踊りとは、植民地時代にアフリカの様々な地域から連れて来られた黒人奴隷達によってキューバに伝わった踊りのことである。その一つが、ナイジェリアのヨルバ族の文化を起源とする「ヨルバ」の踊りである。キューバにてヨルバの文化とカトリックの信仰とが混ざり合って生まれた、サンテリーアと呼ばれる宗教には様々な神様が存在し、また、それぞれの神様の踊りが存在する。それらの踊りは、3つのバタと呼ばれる打楽器の演奏に合わせて宗教的な儀式、フィエスタ(パーティー)等で踊られる。

■ 会場/ Venue of workshop

 

・岩田ラテンダンススタジオ/ Iwata Latin Dance Studio

http://salsanino.com/access

京都市下京区西七条赤社町48-1

 

 

・Cafe& Bar Shanti

http://salsanino.com/shanti

京都市中京区壬生仙念町26  ウェストプラザ三越B1

 

 

■ 担当講師 / Workshop Instructers

Balodia (from Cuba)

 

アフロキューバンダンスにおいて、世界で最も重要なダンサーの一人。
キューバ国立民族舞踊団に21年間在籍し、そのうち10年間に及び第一ダンサーを務める。世界中の様々な舞台で活躍してきただけでなく、現在世界中で活躍するプロダンサー達に指導を行ってきた、マエストロ達にとってのマエストロでもある。
アフロキューバンダンスに限らず、キューバのポプラル系のダンスも全て踊りこなす、正にマルチダンサーであり、同時にパーカッショニストでもある。ダンスの歴史に関するとてつもない深い知識を持ち、レッスンや彼の踊りを通して、彼自身が、キューバの生きた文化財産となっている。

 

 

Orlando  (from Cuba)

 

キューバ ハバナ生まれ。10才から踊りを習い始め、19才の時、プロフェショナルダンスフォルクローリカ「ライセス・プロフンダ」に入団。1992年ミュージカル・レビュー「Noche Tropica」で日本に来日し[日本武道館]他で公演。1994年からキューバ国立トロピカーナに於いてダンサー、フォルクローレ民族舞踊の講師を兼務、スペイン・ドイツ等の海外公演講師としてラテンダンスの指導にあたる。現在、日本ではアフロやショーダンスのパイオニアとして出演、振付指導を行っている。

 

 

Beto (From Colombia)

 

2006年来日。2007年の世界大会 北京サルサコングレス キャバレー部門で優勝。彼の美しく躍動感と生命の喜びに富んだダンススタイルは話題になり、日本でのサルサ・コロンビアスタイルの先駆者として広く認知される

2011年に独立し、都内を中心に幅広い年齢層を対象にサルサ教室を開講。ペアチーム、男性シャインチーム、女性シャインチーム、ユースチーム(中・高校生・大学生)、キッズチーム(幼児・小学生)の振り付け、プロデュースを行い、メンバーの中から日本チャンピオンも誕生。同時に自らもダンサーとして多くのイベントやテレビに出演中。

 
 

 Erick Omiza /E.O Dance Company (from Peru)

 

キューバ民族舞踊団にてキューバダンスを学んだ後、2000年より プロダンサーとして全国で活動を開始。
アメリカでLAスタイルを確立させた有名なダンス カンパニーにてトレーニングを積み、日本では当時唯一ともいえるプロのサルサダンスカンパニーに所属。 独立後、RAIZ LATINA を率いて国内と海外で行われるサルサコングレスに積極的に参加し、ゲストとしても招 待されるようになる。プロフェッショナル ダンスカンパニー E.O.dance companyを設立し、2013年 ダンスミュージカル 「RAICES」 公演。テレビや雑誌など出演多数、16年以上に渡り大阪・東京・新潟と各地にラテンダンスを広げるため貢献してきた、日本を代表するベテランインストラクターであり、現在もコンペティターとして活動するプロダンサーである。

 

日本サルサ協会主催「JAPAN CUP」2009 , 2010 準優勝(ERICK&HIROMI)。2010年 5月イタリア・ミラノで開催されたサルサフェスティバルに出場。 日本からの ペア としてはヨーロッパ初進出となる。2011年9月ラスベガス サルサ・バチャータフェスティバルにて、 ERICK&HIROMIで2日間のワークショップとサルサとバチャータでショー出演する。2013年 日本バチャータ協会主催 「JAPAN CUP 2013」プロ振付け部門 優勝し、 Bachata Master World Champion Ship に日本代表の出場権を獲得。2014年 と2015年 2年連続で日本サルサ協会主催 JAPAN CUP バチャータ部門優勝。2016年 香港ワールドチャンピオンシップ準優勝。2016年 韓国IDO世界大会 3位。Hong Kong World Salsa Championship 2016- サルサ 4位(ERICK&MEI)、Japan Salsa Festival 2016- サルサ プロアマ チャンピオンとなり、ダンサー育成にも力を注いでいる。

 

 

 

Mari YOGO (from Japan)

 

2013年 コロンビアで行われた 第二のオリンピックと言われている ワールドゲームス・ダンススポーツ サルサ部門の日本代表として出場。 
世界的に著名な「ヤムレーダンスかムパニー」で東洋人として初めてプロメンバーとして活躍
現在は サルサダンス特定認定指導員として 競技選手の育成を行っています